本当に可能!?LINEスタンプ製作で大儲け!

一億円プレイヤーも存在する!?

LINEのスタンプは今爆発的な人気を集めていますよね。皆さんの身の回りにもかわいいスタンプや珍しいスタンプを使っている人も多いのではないでしょうか。実はLINEスタンプはクリエイターによって製作されていて、売れた数に応じて収入が入るって知っていましたか?ちなみに、今一番儲けている人はクリエイター収入だけで、1億円以上の収入を得ているんですよ。特別な才能が必要なわけではないので、誰でも気軽に始める事が出来るのが嬉しいですね。

どうすればスタンプを販売することができるの?

スタンプを販売するためには、自分で作った作品をLINE社に認めてもらう必要があるんですよ。公序良俗に反するスタンプだったり、他人の著作権を侵害してしまっているスタンプだと、審査に通らない事もあるんですね。そんな事にならない為に、自分のオリジナルのキャラクターを原案にしたスタンプを作る事を心がけなければいけないんですよ。可愛いオリジナルキャラクターを作って沢山の人にダウンロードして貰えれば、大幅な収入アップが見込めますね。

1日に1000個のスタンプが作られている?

LINEスタンプが一日に作られる数は何と1000個に及ぶんですよ。ですから、自分の作ったスタンプが売れるためにはその中でも一際目を引く物でなければならないと言えるでしょう。LINEを使っているユーザーの中で、有料のスタンプを購入している人は約2割と言われてます。その2割を満足させるスタンプを作るためにはかなりの独自性が要求されますよね。方向性として、時代の変化に合わせた皮肉をきかせたスタンプを作ると売り上げが上がる可能性が高いんですよ。

LINEスタンプとは、無料メールアプリにおいて文字ではなく、文字入りのスタンプで会話できるという点が特徴になっています。