風評被害お正しい意味の理解と被害が起きた時の対策とは?

風評被害の意味を勘違いしている!?

風評被害という言葉があります。震災後も風評被害が原因で農家が打撃を受けたという話はよく耳にしますね。ただ、多くの人が風評被害について誤った知識を持っているのです。風評被害とは根も葉もないうわさを真実のように信じてしまい、それによってそのお店の商品を買わなくなったりすることによって被害が出たことを言うのです。つまり、風評被害というのは実際にささやかれているようなことが起こっていないにも関わらず起こったかのように信じられてしまうことなのです。

本当の意味の風評被害とは違う例

風評被害の正しい意味とは事実かどうかということです。例えば、あるコンサートで出演している歌手が黒人差別の発言をしたとします。それによりその歌手のコンサートに来るお客さんが減っただけでなく、その歌手と仲がいい歌手にまで影響が出たとしても風評被害とは言えません。実際にそのような発言をしていないのになぜか黒人差別をしたことになっていてコンサートの客数が大幅に減少したということであれば立派な風評被害と言えます。

問題が起こる前に気を付けることとは

風評被害の原因は根拠のないうわさが飛び交うことにありますね。つまり、そのような根も葉もないうわさを安易い信じ切ってしまう判断力に問題があると言えるのです。なんとなく噂になっているからそうに違いないということで噂が伝播し、それにより多くの人が根拠のないうわさを信じることになってしまうので、嘘を嘘と見抜く力も必要になりますね。また、噂を立てられる方も普段から噂が立ち、その噂を多くの人が信じてしまうようなことはしないことです。

掲示板やSNSなどには匿名で色々な書き込みが行われるので、被害に合った場合には誹謗中傷対策を業者に依頼することが大事です。