ウェブ制作に必須のパーツとは?その内容を紹介!

ウェブ制作に必須のアクセス解析

自分自身の備忘録やアルバムの様に思い出を残すためにウェブ制作を行う方もいますが、多くの方が他の人に見てもらうためにウェブ制作を行う物ですよね。訪れた方を知るためにはアクセス解析をウェブサイトに設ける事が大切ですよ。アクセス解析の多くは無料で提供しているため、費用を気にせずに利用する事が可能です。解析できる内容に差があるため、複数のアクセス解析を設置する事もポイントの一つですよ。一般的に、ウェブ制作を行うために必要なプログラム言語の始まりの方に記述する事が望ましいと言われていますが、何かしらのトラブルを防ぐ目的や、全て表示されなかったリスクのために、最後の方に記述する事もポイントの一つですよ。

アクセスカウンターを設置する効果とは

アクセスカウンターと言うのは、ウェブサイトを見ているユーザーに対してどのくらいの人数が訪れているかを確認できるカウンターですよ。この人数が多ければ、人が集まるページだと言う事が確認できる物であり、価値の高いページだと言う事も確認できますよね。一番始まりのアクセスカウンターの数値は0ですが、0であると価値の無いページだと思われてしまいますよね。提供されているアクセスカウンターの多くは、初期値を自分自身で決める事が可能であり、ある程度の数値を上げておく事もポイントですよ。ただし、あくまでも常識の範囲内で行う事が重要であり、あまりにも数値が高すぎる内容は、ユーザーに不信感を与えてしまうため注意が必要です。

ブックマークのボタンの効果

ウェブ制作には、メールフォームやRSSと呼ばれる更新情報伝えるパーツを設置する事が可能です。これは、用途によって効果に違いがありますが、共通して言える内容にブックマークのボタンが挙げられますよ。これは、ブラウザに付いている物であり、不必要な物だと思われますが、ブックマークと言う言葉を意識させる効果を期待する事ができますよね。一般的にブックマークのボタンは、目で立たない端や上部に設ける事がありますが、記事の終わりに設置する事もポイントの一つであり、記事が良い内容だと判断してもらえればそのままボタンを押してくれる可能性を高める事が可能になりますよ。

プログラマーの初歩的な仕事としてコーディングがあります。設計図をプログラムにするという基本的な仕事です。